ECサイトのSaaS型構築

男性クラウドの最もポピュラーなスタイルであるSaaSは、ECサイト構築の際に必要なシステムを使うぶんだけ使用できるのが特徴です。これまでASPでECサイトを構築してきた人も、SaaSに続々と乗り換えています。SaaS型ECサイト構築サービスのメリットについて、お話しましょう。

ECサイトをSaaS型サービスで構築すると、初期費用を最低限に抑えることができるうえに、利用していないシステム料金まで支払う必要がありません。ハードウェアやインフラ管理、機能の開発に関してもSaaS型サービス提供側が行うため、自社で人件費を負担することもなくなります。このため、大幅なコストカットが実現し、無駄のないECサイト構築が可能です。

サーバーやインフラの管理には、手間も人件費もかかります。常に最新のIT技術に敏感になる必要もあり、管理担当者は気が抜けません。SaaS型サービスを利用すればインフラ管理もハードウェア管理も提供元が担当し、最新の機能開発もお任せできます。ITの動向に後れをとることなく、自社で手間をかけずにインフラ管理が可能になるのです。

急なアクセス増加にも安心対応できるのが、SaaS型サービスの便利なところです。普段は小規模な利用で費用を節約し、必要があるときだけ規模を拡大して利用することができます。契約を変更する必要もなく、スムーズ&スピーディーにアクセスに対応できる柔軟性は頼りがいがあります。